『ホーンテッドマンション』実写映画フル動画を視聴できる動画配信サービスは?あらすじやキャストも

ホーンテッドマンション,いつ,あらすじ,キャスト

ディズニーランドの人気アトラクション『ホーンテッドマンション』の実写映画は2023年9月1日劇場公開作品です。

『ホーンテッドマンション』Disney+ (ディズニープラス)にて2023年10月27日より見放題配信開始。

【この記事でわかること】
視聴できる動画配信サービス
あらすじ


ディズニー映画がもたらす5つの影響

999人のゴーストが住むといわれる不気味な洋館で繰り広げられる、人間とゴーストとの攻防戦がコミカルに描かれます。

監督にジャスティン・シミエンは、カリフォルニアのディズニーランドでキャストとして働いていた経歴の持ち主。

マリー

よりリアルなアトラクションの世界観を楽しめそう!

ディズニー&ピクサーの映画やアニメをみるならDisney+ (ディズニープラス)がオススメ。

Disney+ (ディズニープラス)は支払い方法によって、月額料金2ヶ月分が無料になります。

この記事では、『ホーンテッドマンション』に関する最新情報や、Disney+ (ディズニープラス)をおトクに楽しむ方法について詳しく説明します。ぜひ参考にしてくださいね。

年間プランなら2ヶ月分もおトク

目次

『ホーンテッドマンション』実写映画フル動画を視聴できる動画配信サービス

『ホーンテッドマンション』の実写映画は2023年9月1日劇場公開作品。

Disney+ (ディズニープラス)にて2023年10月27日より見放題で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)の基本情報
無料期間なし
料金(税込)
ディズニープラス 
スタンダード
月額990円
年間9,900円
追加料金なしで広告なし
最高画質:1080P Full HD 
最高音質:5.1サラウンド 
最大2台まで同時視聴可能
ディズニープラス
プレミアム
月額1,320円
年間13,200円
追加料金なしで広告なし
最高画質:4K UHD & HDR
最高音質:ドルビーアトモス 
最大4台まで同時視聴可能
作品本数21,000本〜
ダウンロード視聴10台まで可能

Disney+ (ディズニープラス)には、無料お試し期間がありません。

しかし、公式サイトから年間プランに申し込みをすると、月額プランに比べて15%(1,980円)もおトクになります。

またApp Storeのアプリから登録をすると月額1,000円になってしまうので、公式サイトから入会することをオススメします。

金額(税込)解約までの期間
公式月額990円
年額9,900円
次の請求日まで視聴可能
ドコモ月額990円
年間プランなし
即時解約
アプリApple
月額1000円
年額9,900円
Google
月額990円
年額9,900円
次の請求日まで視聴可能

Disney+ (ディズニープラス)以外で『ホーンテッドマンション』フル動画を視聴できる動画配信サービスは以下のとおり。

スクロールできます
配信状況無料期間月額料金(税込)
Disney+ (ディズニープラス)見放題なしスタンダード:990円
プレミアム:1,320円
Amazonプライム・ビデオレンタル視聴
(500円)
30日間600円
※年契約5,900円
Hulu未配信なし1,026円
U-NEXT未配信31日間
(600P付与あり)
2,189円
Netflix未配信なし790円(広告付きベーシックプラン)
990円(ベーシックプラン)
1,490円(スタンダードプラン)
1,980円(プレミアムプラン)
【TSUTAYA DISCAS】レンタルなし30日間2,052円(定額レンタル8)
配信状況は2023年12月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

年間プランなら2ヶ月分もおトク

『ホーンテッドマンション』のあらすじ

シングルマザーの医師・ギャビー(ロザリオ・ドーソン)は、アメリカ・ニューオーリンズにある豪邸を破格の条件で入手し、9歳の息子・トラヴィスと共に引っ越す。

しかし屋敷はどこか異様な空気に満ちており、二人はたびたび怪現象に遭遇する。

そんな親子を救うため、神父や超常現象の専門家、霊媒師といった心霊エキスパートたちが屋敷に集結。不気味な現象を体験する中で、彼らは屋敷に隠された真実に迫っていく。

“恐怖”と”笑い”のハイブリッドを体験する新感覚のアトラクションムービーです。

『ホーンテッドマンション』キャストやスタッフ

『ホーンテッドマンション』の実写映画の監督を務めるのは元ディズニーランドのアルバイトだったというジャスティン・シミエン。

シングルマザーのギャビー役をロザリオ・オーソンが務めます。

日本語吹替版では、クセの強いキャラクターを豪華キャストが担当しています。

監督ジャスティン・シミエンキャストベン/
ラキース・スタンフィールド
(日本語吹替:八代拓)
製作ダン・リン
ジョナサン・アイリヒ
ハリエット/
ティファニー・ハディッシュ
(日本語吹替:土屋アンナ)
製作総指揮ニック・レイノルズ
トム・ペイツマン
ケント/
オーウェン・ウィルソン
(日本語吹替:片岡愛之助)
脚本ケイティ・ディポルドブルース/
ダニー・デビート
(日本語吹替:温水洋一)
撮影ジェフリー・ウォルドロンギャビー/
ロザリオ・ドーソン
(日本語吹替:田村睦心)
美術ダーレン・ギルフォードヴィック/
ダン・レビ
(日本語吹替:興津和幸)
衣装フィリップ・J・バーテルマダム・レオタ/
ジェイミー・リー・カーティス
(小林幸子)
音楽クリス・バワーズアリステア・クランプ / ハットボックスゴースト/
ジャレッド・レト
(吉見一豊)
トラヴィス/
チェイス・ディロン

『ホーンテッドマンション』口コミや評判

『ホーンテッドマンション』の実写映画を実際に観た人の口コミや感想、評判について紹介します。

マリー

実は2003年にエディ・マーフィー主演で一度実写映画されています。もちろんディズニープラスで楽しめますよ。

マリー

エディ・マーフィー版と見比べてみると面白いかも!

年間プランなら2ヶ月分もおトク

ディズニー映画を観ることで子どもにもたらす5つの良い影響

ヒューストン大学の研究によると、子どもたちはディズニー映画を観たあとで、家族や友人と話し合うことで、ソーシャル・キャピタル(人と人とのつながり)を高めることができると示されています。

子どもたちはディズニー映画を観ることで、多様な世界観や価値観を学び、自分の感情や考え方にも気づくことができます。

ここでは、さらに5つの良い影響について1つずつ説明していきます。

①文化と芸術を学ぶ

ディズニー映画はさまざまな国や文化からの要素を取り入れています。

作品を観ることで、知らなかった世界や価値観・多様性に触れることができます。

②情操教育を身につける

ディズニー映画を観てストーリーやキャラクターに感情移入することで、情緒的に成長することができます。

困難を克服する様子などを通して、子どもたちは自分で考える力を身につけることができます。

③社会性を学ぶ

ディズニー映画は、友情や家族の大切さなどのテーマを多く扱っています。

子どもたちは作品から、他人との関わりかたなど、大切な社会性を学ぶことができます。

④自己実現を促す

ディズニー映画の多くは、主人公が自分の能力を信じて成長する姿を描いています。

子どもたちはその姿から自己実現の大切さを学ぶことができます。

⑤子どもの感性を伸ばす

ディズニー映画は、子どもたちの想像力や創造する力を豊かにします。

美しい音楽や映像で表現力を刺激することで感性を伸ばすことができます。

年間プランなら2ヶ月分もおトク

『ホーンテッドマンション』フル動画視聴できる動画配信サービスまとめ

「ホーンテッドマンション」の実写映画は2023年9月1日劇場公開。

『ホーンテッドマンション』Disney+ (ディズニープラス)にて2023年10月27日より見放題配信開始。

監督のジャスティン・シミエンは元ディズニーランドのアルバイトだったというから驚きです。アトラクションの世界観を大切にしつつ、映画ならではの広がりを見せてくれるはず。

他にも楽しいディズニーアトラクションの実写映画を楽しむならディズニープラスがオススメ。

2023年はディズニー100周年で新たな映画も続々と公開されました。劇場で、おうちで、ディズニー作品をおトクに思いきり楽しんでくださいね。

年間プランなら2ヶ月分もおトク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次