『ウィロー』フル動画を視聴できる動画配信サービスは?あらすじやキャストも

ウィロー

この記事では『ウィロー』フル動画を視聴できる動画配信サービスや、あらすじ、キャストについてまとめています。

ウィロー』は2022年11月30日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中。

1988年、ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務めた超大作「ウィロー」。

勇者たちが剣と魔法を駆使するファンタジックな世界を、当時の最先端視覚効果で描き切った同作は、その後のファンタジー作品に大きな影響を与える伝説の作品となりました。

前作から34年の時を経た続編『ウィロー』は、Disney+ (ディズニープラス)「スター」のオリジナルシリーズとして独占配信中です。(全8話)

前作から20年後の世界を舞台に、体が小さな魔法使い見習いのウィローが、新たな仲間と出会い、神秘あふれる魔法の世界を救うため、危険な闇の勢力との戦いに挑んでいきます。

マリー

ウィロー』を視聴できる動画配信サービスは、Disney+ (ディズニープラス)だけ。

Disney+ (ディズニープラス)支払い方法によって2000円弱もお得になるので、説明していきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

目次

『ウィロー』フル動画を視聴できる動画配信サービス

ウィロー』は、2022年11月30日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)の基本情報
無料期間なし
料金(税込)月額プラン990円
年間プラン9,900円
作品本数6,000本〜
ダウンロード視聴可能

Disney+ (ディズニープラス)には、無料お試し期間がありません。

しかし、公式サイトから年間プランに申し込みをすると、月額プランに比べて15%(1,980円)もおトクになります。

またApp Storeのアプリから登録をすると月額1,000円になってしまうので、公式サイトから入会することをオススメします。

金額(税込)解約までの期間
公式月額990円
年額9,900円
次の請求日まで視聴可能
ドコモ月額990円
年間プランなし
即時解約
アプリApple
月額1000円
年額9,900円
Google
月額990円
年額9,900円
次の請求日まで視聴可能

年間プランなら2ヶ月分もおトク

『ウィロー』フル動画の配信状況

ウィロー』は、2022年11月30日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中。

他社の動画配信サービスの配信状況は以下の通り。

主なVOD公式サイト配信状況
無料期間
 『ウィロー』新シリーズ『ウィロー』(1988年版)
Disney+ (ディズニープラス)独占配信中無料期間なし
Amazonプライム・ビデオ××30日間無料
U-NEXT××31日間無料(600P付与あり)
Hulu××2週間無料
Netflix××無料期間なし
【TSUTAYA DISCAS】×宅配レンタルあり30日間無料
※配信状況は2022年11月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

『ウィロー』のあらすじ

1988年の前作では、見習い魔法使いのウィローと仲間たちが、邪悪な魔女から世界を救う冒険が描かれました。

新しいドラマシリーズの「ウィロー」では、力を取り戻した闇の勢力が再び王国に迫り、ウィローと新たな冒険者たちの神秘に満ち溢れた旅が始まる。

前作でウィローが救った、腕に“しるし”を持つ赤ん坊だったエローラという女性が、王国を救うカギであることが示される。

ウィローら一行は彼女を見つけるために旅に出るが、大地を覆う不穏な黒雲、迫りくる巨大な怪鳥、おぞましい姿の闇の勢力など、その旅路を阻む敵との戦いが切り取られていく。

新たにウィローと冒険を繰り広げるのは、反骨精神あふれるプリンセスのキット、キットの親友ジェード、子どもの頃から魔法使いに憧れていたというグレイドン、城のキッチンメイドで王子に恋心を抱くドーヴ、粗野で一匹狼のブアマンら個性的な若者たち。

『ウィロー』スタッフとキャスト

前作から引き続きウィローを演じるのは、「スター・ウォーズ」「ハリー・ポッター」といった人気シリーズで活躍するワーウィック・デイビス。

日本語版でウィローを演じるのはTVアニメ「ドラゴンボール」シリーズのトランクスや、「SLAM DUNK」で主人公・桜木花道を演じた草尾毅。

そんな彼と冒険をともにするのは、王国の女王ソーシャの娘で、反骨精神あふれるプリンセスのキット(ルビー・クルス)、キットの親友で剣士のジェード(エリン・ケリーマン)、魔法使いに憧れるグレイドン(トニー・レボロリ)、城のキッチンメイドのドーヴ(エリー・バンバー)、そして粗野で一匹狼のブアマン(アメール・チャダ・パテル)。

また、前作でバル・キルマーが演じた戦士マッドマーティガンの親友役として、クリスチャン・スレイターの起用も注目の1つ。

原作ジョージ・ルーカスキャストウィロー・アフグッド:ワーウィック・デイビス
(日本語吹替:草尾毅)
製作総指揮ロン・ハワード
ブライアン・グレイザー
ソーシャ女王:ジョアンヌ・ウォーリー
(日本語吹替:高島雅羅)
エローラ・ダナン:エリー・バンバー
(日本語吹替:潘めぐみ)
キット・タンサロス:ルビー・クルス
(日本語吹替:田村睦心)
ジェイド:エリン・ケリーマン
(日本語吹替:寺崎裕香)
グレイドン・ハスター:トニー・レヴォロリ
(日本語吹替:入野自由)
スラクレス・ボーマン:アメール・チャダ・パテル
(日本語吹替:星野貴紀)

『ウィロー』口コミや評判

『ウィロー』を実際に観た人の口コミや感想、評判について紹介します。

マリー

王道ファンタジーに新しい魅力も追加されています。

マリー

1988年の前作を視聴してから今回のドラマ版を楽しむのもいいかも。もちろんどちらもDisney+ (ディズニープラス)視聴可能です。

『ウィロー』フル動画を視聴できる動画配信サービスまとめ

今回は『ウィロー』フル動画を視聴できる動画配信サービスや、あらすじ、キャストについてまとめてみました。

1988年に公開された長編映画の続編となる本作品『ウィロー』はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中です。

前作の映画もあわせて、ワクワクする冒険ストーリーをぜひご家族みんなでお楽しみください。

年間プランなら2ヶ月分もおトク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次